第 VIII 巻 アークジャーナル

€28,50
税込み。 送料はチェックアウト時に計算されます。

「アーク ジャーナル 第 8 巻では、より流動的で総合的な思考と創造の方法について考察します。パリのアルパ スタジオの調香師バルナベ フィリオンを訪ねます。彼の作品は、フレグランスを目に見えない風景として視覚化し、彼自身の共感覚にインスピレーションを得ています。流動的な瞑想活動として絵画を探求するアーティスト、ヨーク・ランドン・メッツは、アーク・ジャーナルのために独占的な一連の作品を制作しました。また、ニューヨークを拠点とする有名な美術写真家マーティン・モルダーによる個人的な回想録も共有します。彼女はミニマリストです。そのイメージは、彼女の旅、彼女の動き、そして彼女の人生を反映した写真で、地味でありながら温かく親しみやすいものです。 

ロサンゼルスからイタリア北部の小都市、コペンハーゲンからブリュッセルまで、この号で選ばれた住宅は、特定の場所の文化や住宅が周囲とどのように関係しているかについて、新たな視点をもたらします。ジョン・ポーソンがマイケル・マハラムのために建てた家は、すべて山岳地帯の石で建てられており、その住みやすいミニマリズムが自然、建築、居住者の間に対話を生み出します。同様に、スイスの診療所ディーナー&ディーナーのテレーズ・エルンガードが設計したファルスター島のキム・ラーベク・ハンセンのサマーハウスは、陸と海の境界線で適切な場所を見つけたことを美しく物語っています。同じく波が打ち寄せるヘルシンキのサウナは、フィンランド人建築家トゥオマス・トイボネンと日本人デザイナー坪井ネネにとって、私生活と公生活の間の要所であり、この瞑想的でありながら共同空間の創造者であり管理者でもある。

この号には、さまざまな創造性、言語、起源が集まります。とりわけ、学際的なデザイナーであるラフ・シモンとキュレーター兼デザインディレクターのマルコ・サミケリとの会話を紹介します。また、ファッション、アート、デザインの橋渡しをするアン・ドゥムルメステールと、彼女のパートナーであり協力者でもあるパトリック・ロビンが、40年にわたる創造的な旅を共有します。」

ご注意ください: 特にご要望がない限り、カバーはランダムに発送されます。